フローリング 変色

トレンド豆知識

フローリングの変色の原因!色褪せ補修や黒ずみの落とし方


ee18f848218ef42852dbcfdc9bdd906b_s

大掃除や賃貸物件を出る時に気になるのが
フローリングの変色!

変色はフローリングの痛みであったりしますが、
どうして変色してしまうのでしょうか?


今日はフローリングの変色の原因から、
補修方法について調べてみました!


Sponsored Links




フローリングの変色の原因!色落ちする理由は?


フローリングが変色する原因・・・
その状態は色々だと思います。


紫外線によるもの

・白っぽくツヤがない
・グレーっぽくなる
・黄色っぽく変色する


乾燥や化学薬品によるもの

・フローリング表面が剥離
・パーマ液等のこぼれによるシミ


カビによるもの

・黒く変色(明らかに内部まで黒っぽい)


油汚れやワックスの劣化によるもの

・黒ずみ


水分によるもの

・フローリングの色に対して色が濃いもしくは薄くなった
・黒く変色する場合もある


この様なものが主な原因としてあげられています。

紫外線はこの原因の中でも単に光だけで日焼けしたものと、
油汚れやワックス・化学薬品など劣化させる原因にも当たります。

賃貸マンションに壁穴が!ネジやピンでも修復費用ってかかる?



Sponsored Links



フローリングの白っぽい日焼け補修や色褪せの変色はワックスで解決?


フローリングといっても種類があります。

・複合フローリング
賃貸マンション等に多い。樹脂でコーティングされてる

・単層フローリング
注文住宅や高級マンションなどに多い

この様な種類があります。


日焼けによるフローリングの補修
床の色に合わせたワックスや着色ニスで
色つやを復活させることが出来ます



単層フローリングの場合は
無垢材の風合いを生かしたものが多く、
樹脂コーティングされていないことが多いです。

浸透性の自然塗料(オイルや蜜蝋のワックス)で
補修することをおすすめします





フローリングの黒ずみ変色の補修は?


賃貸では難しいですが個人所有の物件ならば、
自分で直してしまうのも1つ!

最近のDIYブームなどもあり
考える人もいるのではないでしょうか?


黒っぽく変色してしまったりした場合は、
どんな補修方法があるのか?


水分によりカビて黒く変色した場合は
黒いシミができてしまいます。


カビキラーで取除く事はできますが
ヘタに行うとフローリング自体が反り返ってしまう事も

吹き掛けるスプレータイプが一般的ですが、
他の床部分がカビキラーで変色する場合があります。


黒くカビて変色した部分だけ、
筆などで塗って5分ほど置いてしっかり水拭き


また、無垢材を使った単層フローリングの黒ずみは、
中性洗剤を溶かした水で床拭きが効果的です


複合も単層もいずれも変色による補修を行った後は、
床にあったワックスをかけて仕上げるのが一般的です。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索