つけおき 時間

トレンド豆知識

洗濯物漂白やお米・からあげなどのつけおき時間や注意点は?


浸け置き洗いのイラスト

つけおきと一言で言っても色々ありますよね?


洗濯や食器洗いなど幅広く「つけおき」が行われていますが、

「つけおき時間」って
どれくらいが丁度よいものなんでしょうか?


身近なつけおきの時間について調べてみました。


Sponsored Links




漂白やエマールなど洗濯物のつけおき時間は?


汚れが酷い衣類は
「つけおき」しておくと落とし易くなりますね。

この「つけおき」にはどれくらいの時間が必要なのか?


たまに一晩であったり、1日浸けておいても
それほど違いがないなと感じる事もしばしばあります。



洗濯のつけおき洗いは、

・水やぬるま湯のみ
・洗剤を溶かした洗剤水


重曹を溶かした「アルカリ水」など

衣類によって適した浸け置き液に浸けておくのがポイントです。



漂白をする場合は、あまり長い時間つけておくと
再汚染してしまうので、目安は2時間程度とし、

綿や麻は高温の湯と漂白剤を混ぜて浸けると
より効果的な漂白ができます。


化繊や混紡は「つけおき」に不向きです。


また、オシャレ着洗いが出来る「エマール」ですが、
色柄・素材によって1時間ほどつけてたら色が溶けだしてしまった!

・・・なんてこともある様ですが、

使用する前に目立たないところに原液をつけて
5分後に白い布などで押さえて色落ちするか確認し

可能であれば目安は1時間が限度とします。


Sponsored Links



米やからあげなど料理のつけおき時間は?


新米は水に浸ける必要はありませんが、

それ以外のお米には充分な水を吸水させて炊くため、
「つけおき」をしておくと思います。


ふっくらと炊き上げるための一手間ですが、
どれくらいの時間水に浸けておく必要があるのでしょうか?

新米と古米の違い!味や見分け方は?



お米の吸水も理想は2時間とされますが、
水温によっても違いがあります。


・春と秋 水温20度→1時間

・夏   水温30度→30分

・冬   水温 5度→2時間


時間が無いという時でも最低1時間
吸水した方がお米がパサツかずに炊きあがります。

おいしい米の研ぎ方!水の量や回数は?



調理の際にも「つけおき」をすることがあります。


代表的なものでは下味をつける際に
「つけおき」するからあげでしょうか?




浸け込めば浸け込むほど味が染込んで行きますが、

唐揚げについては「つけおき」し過ぎると
塩分などの浸透圧の作用で肉が硬くなります。



程よい時間としては揉み込んでから20分程度
長くても1時間程度がよいでしょう。


哺乳瓶消毒のミルトンや入れ歯ポリデントのつけおき時間は?


入れ歯洗いに使うポリデント

長い時間「つけおき」したほうが汚れが落ちるのでは?と
寝る前につけてそのまま翌朝なんてことはありませんか?


ポリデントはキズをつけずに
洗浄・除菌出来る便利なものですが、

40度のお湯で「つけおき」するならわずか5分
の場合でも20~30分で充分な効果を発揮します。



他に、赤ちゃんの哺乳びんの
消毒につかうミルトンですが、

説明にも書いてある通り、溶液を作って
1時間以上の「つけおき」とされています。


最低でも1時間程度、浸けておけば問題が無いということです。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧

Sorry. No data so far.

カスタム検索