しそ 栽培

トレンド豆知識

しその栽培方法!種や苗を植える時期や気をつける病気は?


cadeccb5222d4768cae9605a992db9e5_s

手軽に家庭栽培出来るものはたくさんありますが、
育てておくと重宝するしそを育てませんか?

薬味として活用する事が多いと思いますが、
たっぷり味わいたいしそ好きさんは、
ぜひお家で育ててみましょう。

今回は室内でもできるしその栽培方法や
気をつけるポイントなどご紹介します。


Sponsored Links




しそを種や苗から栽培するには?植える時期はいつ?


しそを育てる場合には2つの方法があり、
からかからで育てる方法があります。


苗ならある程度成長した状態なので、
収穫までもそれほど時間を要さず楽しめます。


種の場合には4~5月に種まきを行い、
苗の場合には5~6月に植え付けを行いましょう。


種で育てる時にに地植えにされる場合には、
発芽から植え付けまでは別で育てて
苗になったら地面に植えてあげる様にしましょう。


育てる環境は夏場に炎天下になる場所は避け、
明るめの半日陰程度がほどよいです



乾燥が苦手なのでたっぷりと水を与え、
水を切らしてしまうと弱り始めて虫がつきやすくなります。


発芽したらある程度間引きながら育て、
最終的に株間15~20cmは取れる様に育てます。

合間に取った芽も葉も食べる事が出来るので、
無駄にしない様にしてください。

しその栄養や効能、カロリーは?



Sponsored Links



しそのベランダでの栽培方法や室内での育て方は?


しそはちょっとしたスペースでも手軽に育てられるので、
我が家でも育てては重宝しています。


それほど時間をかけずに出来る方法は
プランターを使った育て方!

ベランダで育てる事が出来るので便利です。


水はけのよい土壌を作るために
鉢底用のネットを入れるか鉢底石を敷き、
野菜用の土をプランターの8分目ほどまで入れます


たっぷりと水を含ませたら表面に指などで横に二列程
筋を入れ、筋に沿ってパラっと種を撒きましょう。

その上から軽く土をかけたら種まきは完了!


苗から育てるのであれば土を入れた状態から、
根がきちんと土に被るまで植え付け、たっぷり水を与えましょう。



ベランダがなく室内で育てる場合には、
窓辺などで育てる事も出来ます。


簡単な方法は水耕栽培
水と液肥を使った育て方です。




手軽に作る方法はペットボトルで水耕栽培用の鉢を作り、
発芽まではスポンジに水を含ませて育てる方法があります。


なお、発芽温度は25~30度
育てられるのは初夏から秋くらいまでとなりそうです。


しその栽培で気をつけるべき病気は?


しそは比較的病気に強い野菜で、
放置でも案外と育ったりします。

とはいえ病気にかかる事もあり、
葉の先がねじれてしまったり葉自体が丸まったり、
葉の表面上に黄や茶の斑点が現れる事があります



ねじれや丸まりはカール病

土壌が酸性傾向になると現われるので
石灰の入った肥料を与えると防ぐ事ができます。


斑点においてはサビ病

伝染していくので見つけ次第その葉や茎、
周辺を取り除き放置せずにゴミとして処分しましょう。

 

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧
カスタム検索