コンセント 感電

トレンド豆知識

コンセントが水に濡れると感電したりやけどする?防止・対策方法は?


a3b36f07f8d44e9df320b6fa394c4dbd_s

どんな家庭にもあるコンセントでの感電

身近故に普段それほど気にしない場合がありますが、
案外と身近な事故として起きたりするものです。

コンセントで感電したら感電死するのか?
やけどや火花が散ったりした場合には??


今回は、コンセントと感電について
ご紹介したいと思います!


Sponsored Links




コンセントが水に濡れると感電する!?

 

コンセントは家電には必ず付いているものであり、
とっても身近なものだと思います。


家庭用のコンセントじゃそれほどでも・・・と
あなどっていると思わぬ事故に見舞われます。


よくありがちなのがに濡れた手でコンセント

お風呂上がりにドライヤーを使う時に
コンセントを差したら感電した事例は多いのです



電化製品を購入した際に入っている手引書にも
必ずやってはいけないことは記載されています。


水分による感電は身近な事故事例で、
キッチン周りでお料理に使う家電もあると思いますが、

うっかりコンセントが濡れた状態で
プラグを差してしまった場合、

ショートや火花、感電死といったケースもなくもない話です。


電気保安協会でもベテラン電気工事士でも、
100V程度の電流であれ感電死される方の事例もあります。

家電であってもあなどれないものなのです。

コンセントのほこりは発火の原因に!?



Sponsored Links



家庭用コンセントで感電するとやけどや感電死する?どのくらいの電圧?


家庭用コンセントでは死なない!と
放置している事はありませんか?


小さなお子さんや赤ちゃんが
いたずらする時もあるので要注意です。


感電は低電圧であってもその時の状況によって
最悪なケースは起こる事があります。

50Vで筋肉に異常をきたすことも。


ただ感電においては電圧ではなく電流で考えます

そのため電気の流れる量の
A(アンペア)で考えるのが一般的です。


0.5~5mAから痛みを感じ、

5~30mAで痙攣や接触部分から離れられなくなったり、
最悪呼吸困難を引き起こす可能性があります



30mA以上ともなると強く痙攣を引き起こし、失神や血圧上昇。

最悪なケースとして長時間感電した場合は
感電死という場合もあります。


50mA以上でショックにより
心肺停止ややけど、死亡率が極めて高くなります。


子供や赤ちゃんからコンセントで感電防止するための方法は?


子供や赤ちゃんがコンセントに
いたずらは比較的多くあります。


コンセント部分に指が入ることは
それほど考えられないですが、
よだれで濡れた手でコンセントに触れて感電

好奇心旺盛な子供の場合には何らか金属を差し込むなど
考えられないこともない事故に繋がります。


今では多くのコンセントカバーが販売していて、
コンセント自体を覆う様なものも多くあります。

シンプルな形状のものほど子供は興味を示さなくなります




比較的、可愛いコンセントキャップなどは
子供の目を惹き外せてしまうので逆効果になる事も!


白いシンプルなコンセントキャップで、
子供の力では取り外せないものがおすすめです。

  Sponsored Links



 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
リンク

カスタム検索
最新の投稿
カテゴリー
リンク

人気記事一覧
カスタム検索